むし歯治療・知覚過敏

むし歯治療・知覚過敏

むし歯治療

歯がしみる又は痛い原因として考えられるものに、むし歯と知覚過敏があります。
むし歯はむし歯菌の出す酸によって歯が溶ける状態で、知覚過敏は、過度な咬む力やブラッシング圧で、歯の表層のエナメル質がすり減ったり、欠けたりして神経が刺激される状態です。
歯がしみて痛みがある場合、常にむし歯とは限りませんので歯科医院でよく診てもらいましょう。

むし歯はなぜなる?

歯垢(プラーク)中のミュータンス菌などのむし歯菌が、飲食物に含まれる糖質を使って酸を出します。
その酸に長い時間さらされた歯は、徐々に溶かされてむし歯となります。
むし歯は、歯垢(むし歯菌)や、糖分、唾液量、歯の質などの要素が複雑に絡みあって発生します。

C0初期のむし歯

C0
状態
歯の表面が白く濁ってくるか変色がある状態
おもな症状
自覚症状はありません
おもな治療
適切な歯磨きやフッ素塗布で治ることが期待できます

C1エナメル質のむし歯

C1
状態
歯の表面のエナメル質だけが溶けた状態
おもな症状
まだ自覚症状はほとんどありません
おもな治療
むし歯の部分を削りレジン(歯科用プラスチック)を詰めます

C2象牙質のむし歯

C2
状態
エナメル質の内側の象牙質にまでむし歯が進行した状態
おもな症状
冷たいもの、甘いものがしみることがあります
おもな治療
むし歯の部分を削り、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)で補います

C3神経に達したむし歯

C3
状態
歯の神経まで、むし歯菌の汚染が進んだ状態
おもな症状
熱いものがしみたり、何もしていなくてもズキズキと痛みがでたりします
おもな治療
歯の神経を抜く根管治療を行い、クラウン(被せ物)などで補います

C4歯根にまでおよんだむし歯

C4
状態
歯の上の部分(歯冠)のほとんどが溶かされた状態
おもな症状
神経が死ぬためいったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます
おもな治療
ほとんどの場合抜歯となり、入れ歯治療やブリッジ治療やインプラント治療などを行い、失った歯の機能の回復を図ります

むし歯がひどくなってしまったら

むし歯が進行すると、歯の根の治療(根管治療)が必要となります。
歯を可能な限り残すために行うもので、 むし歯治療において根管治療は、ご自身の歯を残す最終手段とも言えます。
歯の根っこの形は非常に複雑なので、確実に炎症を取り除くためには回数がかかります。
歯の土台となる大切な治療なので根気よく通いましょう。

知覚過敏はなぜなる?

知覚過敏は、歯ぎしりや食いしばりなどの力、過剰なブラッシング圧などで、歯ぐきが下がり歯の表層のエナメル質が削られ、デリケートな象牙質がむき出しになることで起こります。
歯は、一時的にしみても少し経つとしみなくなることがあるように自然の治癒力をもっています。
そこで知覚過敏の治療では、軽度の場合、自然の治癒力が発揮されるように生活習慣を見直していただきます。
様々な要因が絡んでいる重度の場合には、まず侵襲の少ない治療法から試していき改善をはかっていきます。
そのため、知覚過敏は、治るまでに時間を要する場合もあります。

知覚過敏を予防するには?

歯ぎしりや、食いしばりによる歯への過度な力の負担を回避するために、歯ぎしり防止装置(ナイトガード)を使用していただきます。
また生活習慣の改善としては、正しいブラッシング方法の習得や過剰な酸性の飲食物の摂取を控えていただく場合があります。
歯ブラシの毛先がすぐ広がってしまう方は、ブラッシング圧が強い証拠です。注意しましょう!

当院のむし歯の治療

Essence1 むし歯を視認させてから削っています

むし歯の部分を必ず専用の薬液で染色し、むし歯に感染した部分を取り残さず、健全な歯質を余計に削らないように心掛けています。
また健全な歯質と感染した歯質の境目が近くなった場合、ドリルを使用せず手用の器具で慎重に取り除くようにしています。

Essence2 拡大下で治療を行っています

むし歯治療は、むし歯に感染した部分を削り取った後に元の形態に修復する治療ですが、いかに正確に復元するかが重要となります。
すき間や段差のある不良な形の修復ですと、歯磨きしにくいためプラークが残りやすく、むし歯や歯周病の再発につながります。
メンテナンスのしやすさも考えた上で修復することが、歯を長持ちさせることにつながります。

当院ではお手入れのしやすさを踏まえた、歯が長持ちする治療を実現させるために拡大鏡を使用して治療をしています。

Essence3 できるかぎり削らず自然な歯を残す意識で治療をしています

むし歯は自然治癒しません。基本的に治療しない限り進行し続けます。
また、治療を受けむし歯を治したとしてもこれは風邪が治るなどの元の状態に戻るとは意味合いが違います。
これは、むし歯で削った部分に詰め物をいれて失った歯の代用をしているにすぎません。
そのため、当院ではむし歯を削り取る上で、周囲の健康な歯をいかに犠牲にしないようにするかを重視して治療しています。また、多くの歯の状態が悪くて確定診断が難しい場合は、症状が強くなければ経過観察したのちに治療に入る場合もあります。
一度削られた歯は元には戻りません。
今ある歯を長持ちさせるには、必要以上に歯を削らないで神経を残す治療をすることが大切になってきます。
一番上に戻る
TEL.048-855-8676TEL.048-855-8676初診専用WEB予約初診専用WEB予約

三村歯科医院

住所 〒338-0831 埼玉県さいたま市桜区南元宿2-22-10 三愛ビル1階
電話 048-855-8676
診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診日:木曜(※祝日を含む週は診療)、日曜、祝日
:9:00~13:00、14:00~17:00

アクセス 「南与野」駅より徒歩13分 バスの場合は「南元宿」停下車すぐ
駐車場 駐車場5台完備

MAPアクセスマップ

MAP