詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

むし歯で歯質を失った場合、詰め物や被せ物で歯の機能を補います。当院では、自然な歯の美しさと耐久性を兼ね揃えた詰め物・被せ物をご提案しております。銀歯や歯のすき間、欠けた歯などで口元に自信を持てなくなり、後ろ向きな気持ちになったり人前で笑えなくなったりする方は少なくありません。補綴物に対する専門知識を持った歯科医師と、高い技術力を持つ専門の歯科技工士との連携により、高品質な審美歯科治療を行っております。患者さまのきめ細かなご希望にもお応えしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

詰め物・被せ物の種類

当院では、詰め物・被せ物の種類を豊富に取り揃えておりますので、「治療費用を抑えたい」、「自然な白さの差し歯にしたい」など、ご希望に合わせた審美歯科治療をご提案できます。

詰め物(インレー)の種類

保険の金属の詰め物(メタルインレー)

主に奥歯に使用される銀色の詰め物で、金銀パラジウム合金という金属でできています。
保険が適用できるため安価ではありますが、金属色が目立つ点や、時間の経過とともに金属イオンが溶け出す事で歯ぐきの変色や金属アレルギーを引き起こす恐れがあります。
コンポジットレジン充填

歯科用プラスチックを削ってすぐ歯に詰める修復方法です。基本的に保険が適用できますが、より審美性の高い修復をする場合には、保険適用外になることもあります。メリットとしては、1回の通院で終わることや金属アレルギーの方でも使用できること、金属イオンによる歯ぐきの変色がないことなどです。

デメリットとしては、変色しやすく、耐久性に劣るため適応が限られます。

セラミックインレー

セラミック(陶材)製の詰め物で、自然の歯に近い白さと透明感があります。また、精巧に作れるため、機能面も優れています。メリットは、「審美性に優れている」、「長期間使用しても変色が少ない」、「歯垢がつきにくい」、「金属アレルギーの方でも使用できる」などです。

一方、デメリットは極めて強い力をかけると割れたり欠けたりする恐れがあることです。

ハイブリッドインレー

セラミックの粒子とプラスチックを混ぜた材質の詰め物で自然な歯に近い色調が得られます。
デメリットとしては、「セラミックに比べ色調が劣る」「すり減りやすい」「時間の経過とともに多少の変色が起こる」ことです。
ゴールドインレー

金合金や、金にプラチナを加えた白金加金などで作られた詰め物です。
適合に優れているうえに、耐久性もあるので長時間お口の中で安定します。
デメリットとしては、金属の高騰により高価である点や金属色が目立つ点です。

被せ物(クラウン)の種類

硬質レジン前装冠

金銀パラジウム合金などの上に白いレジンを貼り付けた被せ物で、主に前歯に適用します。保険適用のため費用を抑えられることがメリットです。ただし、金属を使用するため、金属アレルギーになるリスクがあります。また、金属イオンの溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、裏側から金属が見えるなど審美的な問題もあるため、慎重な検討が必要です。
保険適用の金属冠(銀歯)

銀歯には、金銀パラジウム合金とニッケルクロム合金があり、どちらも保険適用です。保険適用の被せ物を希望される場合は、前から6番目以降の歯は全て銀歯になります。

強度が高いため、噛み合わせが強い奥歯でも使用できますが、金属製のため歯や歯ぐきの変色が起こる可能性があります。

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

貴金属にセラミックを張り付けることで、セラミックと金属のメリットを兼ね揃えた被せ物です。
歯や歯ぐきの変色がしにくく、金属アレルギーのリスクも低くなっています。ただし、オールセラミックほどの審美性はありません。また、将来的に歯ぐきが退縮したときに金属が露出する可能性があります。
ジルコニアセラミッククラウン

人工ダイヤモンドのジルコニアの表面にセラミックをつけた被せ物です。金属を使用しないため、歯や歯ぐきの変色や金属アレルギーの心配がありません。また、強度が高いため、噛み合わせが強い奥歯のクラウンやブリッジへの適用が可能です。ただし、セラミック部分が割れる場合があります。

また、土台に金属を使用しても、コアの色が透けにくいため、セラミックのみの被せ物よりも審美性に優れています。

ゴールドクラウン

金合金や白金加金などで作った被せ物です。強度が高いため、ほとんどの場所に使用できます。
また、適合に優れており、治療後のむし歯が再発しにくいこともメリットです。
銀歯ほどではありませんが、口を開けたときに目立ちます。
ブリッジ

ブリッジは、歯を失ったところの両隣の歯を削って橋をかけるように人工歯を入れる治療法です。見た目の違和感が少なく、噛む機能をしっかり補えることがメリットです。ただし、土台として使える歯がないと適用できないうえに、土台となる健康な歯を削る必要があります。

また、ブリッジが保険適用になるのは、場所によっては銀歯か変色しやすい白い人工歯に限られるため、審美的な問題が懸念されます。

一番上に戻る
TEL.048-855-8676TEL.048-855-8676初診専用WEB予約初診専用WEB予約

三村歯科医院

住所 〒338-0831 埼玉県さいたま市桜区南元宿2-22-10 三愛ビル1階
電話 048-855-8676
診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診日:木曜(※祝日を含む週は診療)、日曜、祝日
:9:00~13:00、14:00~17:00

アクセス 「南与野」駅より徒歩13分 バスの場合は「南元宿」停下車すぐ
駐車場 駐車場5台完備

MAPアクセスマップ

MAP