親知らずの抜歯

親知らずとは?

親知らずは第3大臼歯ともいわれ永久歯で一番最後にはえてきます。
親離れした年齢からはえてくる(15歳頃)ので、親が知らないうちにはえてくるということから親知らずといわれています。

親知らずの抜歯の必要性

親知らずは歯列の一番奥からはえてくるので非常に磨きづらく、むし歯になってしまう事が多いです。
当然治療も難しくなり、器具が到達しなかったり、しっかり視認して治療が行えなかったりするので確実にむし歯治療が行えないことが多いです。
そのような事を踏まえ、当院では抜歯を第一選択に考えています。

また、顎が小さくて斜めや横からはえていたり、まっすぐでも生えていても歯の上に歯肉が被っていたりする場合は歯と歯肉の間に細菌が繁殖して腫れたりします。
これを智歯周囲炎といいます。

これは、全身の免疫力の低下の度に発症し、腫れを何度も繰り返しますので早めの抜歯を勧めています。
親知らずが歯列に入りきらない場合は外に向いていたり、歯がはえすぎて、はぐきや頬にかみこんで痛みを生じる場合もあります。
かむのに全く関与しておらず、残しておいてもデメリットしかない場合は抜歯をしています。

矯正治療やインプラント治療をこれから検討されてる患者さまで親知らずの抜歯が事前に必要な場合もあります。

当院の親知らずの抜歯の特徴

Essence1 一度消炎処置を行ってから抜歯するようにしています

すでに痛みがでている場合、手術中の麻酔がききづらく、術後に出血や痛みが長引きますので、一度抗生物質や痛み止めで炎症をおさえてから、抜歯するようにしています。
痛みの原因は細菌感染による炎症です。
抜歯する際口腔内の細菌を可能な限り取り除いてから抜歯するようにしています。

Essence2 CT撮影を行い確実な診断をしてから抜歯しています

歯科用CT

親知らずを抜歯する際に最も重要なのは、正確な診断です。埋まっている親知らずの周りには神経や血管が多数存在します。
歯の生えている位置や神経血管の走行を事前に正確に把握するために、当院ではCT撮影を行っています。

Essence3 事前の説明を念入りに行っています

親知らずの抜歯は身体に対する侵襲(ダメージ)が大きい治療です。
そのため医療行為による利益(治療効果)と身体への侵襲(ダメージ)による不利益をよく説明し、患者さまに理解してもらってから行うようにしています。

Essence4 抜歯後の治癒促進のためCGFを使っています

埋まっている親知らずを抜歯すると、傷口が大きくなり治癒するまでに時間を要します。
そのため、負担を少しでも和らげるため、あらかじめ患者さまから採血した血液を遠心分離器にかけ膜を抽出し、傷口に入れる方法を行っています。

抜歯した部分に填入することで、創傷治癒の促進や痛みの軽減につながります。

患者さまへ

親知らずは必ずしも抜かなくてはいけないわけではありません。
親知らずを残しておくことで、将来、入れ歯やブリッジの土台として活用したり、どこかの歯がだめになった時に親知らずを移植できるメリットもあります。
ご自身の親知らずを抜く必要があるかどうかも併せてご相談ください
一番上に戻る
TEL.048-855-8676TEL.048-855-8676初診専用WEB予約初診専用WEB予約

三村歯科医院

住所 〒338-0831 埼玉県さいたま市桜区南元宿2-22-10 三愛ビル1階
電話 048-855-8676
診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診日:木曜(※祝日を含む週は診療)、日曜、祝日
:9:00~13:00、14:00~17:00

アクセス 「南与野」駅より徒歩13分 バスの場合は「南元宿」停下車すぐ
駐車場 駐車場5台完備

MAPアクセスマップ

MAP