高齢者歯科

歯を大切にする事は健康寿命への近道

現在医療技術の進歩や生活環境の向上により『人生100年時代』と言われてきています。また高齢になっても、仕事や趣味などに意欲的で、健康意識の高い活発な『アクティブシニア』が増えてきているのが現状です。

では、歳をとっても健康で質の高い暮らしを送り、元気で活動的に生活するためにはどうしたらいいでしょうか?

それには歯がとても重要な役割を果たします。

歯がたくさん残っていると以下に挙げられる効果が期待できます。

  1. 何でも噛める事によりいつまでも食事が美味しく楽しめる
    健康で質の高い暮らしに「おいしい」という感覚は大切です。
    調査による所「おいしい」と感じている人は平均で約20本歯が残っていたそうで、逆に「おいしくない」と感じている人の平均は約11本でした。
    「おいしい」と感じる感覚は残っている歯の本数に大きく依存するといえます。
  2. 胃の消化を助け機能障害のリスクを減らす事ができる
    しっかり噛んで食物を噛みきったり、砕いたり、すりつぶして小さくする事により胃の負担を軽減させ内臓機能を助けます。
  3. バランスの良い食事ができ栄養が十分に摂れる
    歯が無くなると、穀物や線維が残る食べ物などを避け、炭水化物などの軟らかい物ばかりを食べる傾向にあります。
    種類を選ばず食事を摂るには不自由なく噛める事が大切です。
  4. 認知症の予防になる
    噛むことは脳の海馬を刺激する事が分かっています。
    しっかり噛めれば顎の関節が動き、大脳を刺激して脳への血流が増えます。
    そのことが海馬の働きを活発にしてアルツハイマーの発症を予防したり、進行を遅らせたりする効果が期待できるのです。
    伸びる平均寿命を心身共に元気に十分に生きるためには噛める環境を整える事が大切です。
  5. フレイルの予防になる
    フレイルとは高齢になり心身の機能や活力が衰え虚弱となった状態の事を指します。
    高齢になると噛めない食品が増えたりし、お口の機能が低下していきます。
    この状態をお口のフレイルでオーラルフレイルといいます。
    オーラルフレイルは身体のフレイルに先がけて始まると言われていますので、全身の機能が低下するサインともいえます。
    オーラルフレイルになると怖いのが負の連鎖です。
    噛めなくなると食べられる食品の数が減少し、噛む力が更に低下します。
    この結果口腔機能が低下し、低栄養やサルコペニア(筋力低下)のリスクが高まります。

フレイルを予防するために大切といわれる三つの柱

身体活動、社会参加、栄養

この栄養は単にバランス良く食べるだけではなく噛む力、飲み込む力など口腔機能も含まれます。

一番上に戻る
TEL.048-855-8676TEL.048-855-8676初診専用WEB予約初診専用WEB予約

三村歯科医院

住所 〒338-0831 埼玉県さいたま市桜区南元宿2-22-10 三愛ビル1階
電話 048-855-8676
診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診日:木曜(※祝日を含む週は診療)、日曜、祝日
:9:00~13:00、14:00~17:00

アクセス 「南与野」駅より徒歩13分 バスの場合は「南元宿」停下車すぐ
駐車場 駐車場5台完備

MAPアクセスマップ

MAP