義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

入れ歯は、失ってしまった歯を補う治療方法のひとつです。
ご自身で着脱可能の形態であるので、外してお手入れするのが大変だったり、周囲の健康な歯に負担をかける可能性があるといった点で敬遠されがちな治療法です。
しかし、外科的な手術が不要であり、症例に制限がなく柔軟な対応が可能な点で手が出しやすいといった良さもあります。
基礎疾患をお持ちで積極的な治療ができない方や、親族の介護に追われ自分に時間をかけられないといった事情をお持ちの方には適した治療法かと思います。
ただ、通常の保険治療では作製時の使用材料や入れ歯自体の材質の制約をうけ個々のお口に最適な入れ歯を作ることが難しいのが現状です。現に、合わない入れ歯に悩んで何度も調整を繰り返したり、新しく作り直したりしている患者さまも少なくないのではないでしょうか?
人のお口の中は立体的で、物を噛んだときや舌を動かしたときはもちろんのこと、発音したりする時も口腔周囲の筋肉が複雑な動きをします。
また、顎骨が隆起状に突出している方や粘膜の薄い方など様々で個々にあった入れ歯を緻密な工程を踏み作製する必要があります。
また一度作って終わりではなく、義歯装着後もお口の中は刻々と変化しますので定期的に入れ歯の咬み合わせや適合の確認を行う事が必要となります。

当院の入れ歯治療

患者さまへ

痛くないからと言って入れ歯を装着後、数年も調整されていない方を散見します。
緩くて不適合な入れ歯は物を噛む度に動いて顎の粘膜に過大な負担をかけます。
そして過大な負荷をかけられた粘膜の下にある顎骨は吸収し急速に痩せていきます。
顎骨が瘦せていくと当然現状の義歯が外れやすくなったり物を噛むと痛みがでてきます。
その後新しく義歯を作製しようにも顎骨は痩せていて義歯の安定に非常に不利な状態になっていてどんどん困難を増していきます。
現代は医療の進歩により平均寿命がどんどん延伸しています。反面、健康寿命については課題が残る一方です。高齢者の方の健康寿命の延伸には、「よく噛めること」が非常に重要です。
当院では大きな入れ歯を装着した患者さまには、比較的短い間隔での定期検診をお願いし、適合や安定した咬み合わせができているかを確認しています。
質の良い入れ歯は、顔立ちまで変える力をもちます。
今後は元気で若々しい高齢者がますます増えていきますが、入れ歯が原因で食事や対人関係に制限が出ることは、大変残念に思います。笑顔で毎日を過ごせるように、「よく噛めること」により、生活の質を向上させたいと考えております。

当院の義歯の種類

レジン床義歯

保険適応の義歯で安価ですが、プラスチック製なので割れやすかったり厚みが必要な分、違和感が大きくなります。

金属床義歯

金属で作製されているため非常に丈夫で耐久性があります。
また、金属の物性を利用して限りなく薄く作製できるため装着感が良くできます。

「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、2~4本のインプラントを顎の骨に埋め込み、インプラントを固定源とした入れ歯です。
インプラントで固定するため、入れ歯のデメリットである「物を食べると動き」、「噛みずらい」といった点を改善させます。
また、自分で自由に入れ歯を取り外せるため、メンテナンスも簡単です。
通常のインプラントのような大がかりな
外科手術も必要ありませんので、体への負担もそれほど大きくありません。
一番上に戻る
TEL.048-855-8676TEL.048-855-8676初診専用WEB予約初診専用WEB予約

三村歯科医院

住所 〒338-0831 埼玉県さいたま市桜区南元宿2-22-10 三愛ビル1階
電話 048-855-8676
診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診日:木曜(※祝日を含む週は診療)、日曜、祝日
:9:00~13:00、14:00~17:00

アクセス 「南与野」駅より徒歩13分 バスの場合は「南元宿」停下車すぐ
駐車場 駐車場5台完備

MAPアクセスマップ

MAP